Blowing Wind

ヘアブローで髪を傷めないために

覚えておきたいブローの手順

髪型を決めるには、何といっても朝のブローが一番重要といえます。
しかし何となく毎日決まった手順のため、仕上がりもいまいち満足できない ケースが多く見られます。
仕上がりを美しく決めるためには、ちょっとしたコツがあるのです。
一番に気にかけたいのが、ブローする際の髪の状態です。
あまり濡れているとドライヤーをあてる時間が長くなり、髪の負担が大きくなります。
ですから霧吹きや寝ぐせ直しスプレーなどで、少し湿らせるのがベストの状態です。
そしてブローは、髪の根元から行うのが鉄則です。
毛先から行うと髪の土台がしっかりしていないためスタイルが決まりにくいほか、 時間が長くかかってしまう事も理由です。
ざっと根元を乾かしたら、洗い流さないタイプのトリートメントをつけます。
これはブローの際に髪を傷めないための必需品であり、クリームやオイルなど好みのタイプを選びます。
髪を油分でコーティングし、ツヤを出す目的があります。
その後片手でブラシを持ちドライヤーの風を当てながら、少し髪を引っ張るようにして 丁寧にブローしていきます。
パーマヘアの場合はあまり引っ張らず、手で毛束を包み込み優しくドライヤーを当てます。
仕上がりの目安は髪全体がドライヤーの熱でぱりっとし、表面にツヤが出た状態です。
この状態にするには少し時間がかかりますが、毎朝の日課にすると驚くほど ヘアスタイルが長持ちします。

ヘアブローのテクニックとコツ

女性にとって、ヘアスタイルはファッションと同じく非常に重要な要素です。
朝のスタイリングに失敗すると一日中気持ちが沈んでしまう女性も多く見られます。
そのような人々にとっては、ヘアブローが重要なのです。
ブローするときには、ブラシとドライヤーの両方を同時に使って髪の流れを出したり、ボリュームをコントロールします。
ブローには高いテクニックとコツが必要です。
髪の毛先までしっかりと癖を伸ばしてさらさらの手触りとなるように、細心の注意を払いながら行うことが肝心です。
効果的な方法としては、事前にヘアクリップなどで髪の毛をいくつかにブロッキングして、少しずつ伸ばしていくと簡単です。
うねりや癖が出ないように、しっかりとブラシに巻き込むようにブローすることによって、綺麗なストレートが保てます。
また、もっとボリュームを出したいと望む人には、ロールブラシを用いてくるくると巻きつけていき、ドライヤーを当てながらゆっくりと手を離すと、ふんわりとした女性らしいヘアスタイルに変身できます。
このように、上手にさまざまなテクニックを駆使しながら毎日スタイリングを行うことで、コツを掴んでより美しくブローできるようになります。

Favorite

教育の未来を考える、さなるについて紹介します。

佐鳴予備校へのアクセス

豊富なメニューと高い技術力がウリの美容院です。

表参道 美容室

無添加などにこだわったおすすめドッグフードを愛犬にあげてみて検証!

ドッグフード徹底比較

魚の剥製作成販売(オーダーメイド・完成品)を行っております

魚 剥製

矯正歯科だけでなく一般歯科、審美歯科も行えるデンタルクリニック

池袋 矯正歯科

会議・セミナー・面接会場として幅広く利用できる水道橋最安貸し会議室。

神保町 貸会議室

海外配送料、業界最安値!

タオバオ代行

最終更新日:2016/12/6

COPY RIGHT (C) 2015 Blowing Wind. ALL RIGHT RESERVED