Blowing Wind

ヘアブローで髪を傷めないために

くしを使ったブローのすすめ

くしを使ったブローで、潤いに満ちた艶やかな髪を手に入れましょう。
ブローの前にしっかりと髪を梳かして状態を整えます。
髪の多い方は上下にブロッキングすると行いやすくなるでしょう。
毛の流れに沿ってドライヤーの温風を当てていきます。
下の毛からゆっくりとくしを使って行います。
サイドの髪は顔を傾けると行いやすくなります。
後ろの髪は後頭部から手前に引っ張ってくるようなイメージで。
癖付けをしたい場合、根元を立ち上げながらブローすることでトップの毛をふんわりとすることができます。
外はねなら内側から、内巻なら外側からドライヤーを当てることで流れを作れます。
作りたい髪の形に沿ってブローしていきます。
最後に、冷風を当てることで濡れて開いていたキューティクルを閉じることができ、ツヤを出すことができます。
髪の状態に合わせて、くしの種類も様々です。
目の粗いものから細かいもの、椿油など髪に良い成分の含まれているような商品まで、自分に合ったアイテムを探して髪を美しく保ちましょう。

ブローに使うくし選びについて

髪の毛をドライヤーでブローする際、くしを使うという人も多いのではないでしょうか。
普通に使うアイテムでも案外くしによってさまざまな違いが出てきます。
実際に使ってみないことにはその使い勝手はわかりませんので、色々と試してみるとよいでしょう。
価格によってもその効果に違いが出るかといえばそうではありません。
あくまでも物によりますので、色々なタイプのくしを使ってみることが大切です。
インターネットや量販店でも購入することができますので、まずは口コミをチェックしましょう。
口コミをチェックすればレビューしてくれている人の感想がわかります。
購入前に試すことはなかなかできにくい性質の商品なので、しっかりと商品を確認するのです。
実際に手に取ったりできる店舗も存在しますので、不安な方は訪れてみましょう。
ブローの仕方によって使い分けることもできますから、まずはしっかりとお気に入りの物を揃えることが重要だといえるのです。

Valuable information

最終更新日:2017/4/11

COPY RIGHT (C) 2015 Blowing Wind. ALL RIGHT RESERVED